eFax

インターネットFAXとは

インターネットFAXとは、パソコン、スマートフォン、タブレットPCなどからFAXが出来るサービスです。FAX専用機は必要なく、パソコンで作成した文章などのデータをそのままメールやWEB管理画面から相手先のFAX機へ送受信できるサービスです。

パソコンのメールへFAXしたいファイルを添付して特定のメールアドレスに送信先のFAX番号をつけて送信したり、提供されたWEB管理画面よりFAXが送信できる仕組みで、パソコン以外にもスマートフォン、タブレットPCなどからも送受信できるため、外出先などでも確認が取れます。

今までのFAXに必要な専用機も必要なく、紙やトナーも必要無く、また受信費用、送信費用なども通常のFAXに比べて格段に安く、経費削減することが出来ます。

受信したFAXはPDF、またはTIFF形式のデータで届く為、パソコン上で管理することが出来ます。

仕組みはどうなっているの?

インターネットから一般のFAX機へ原稿を送る場合、一般のFAXでは、紙に書かれている文字を符号に変換して、相手の受信機に送る仕組みですが、インターネットFAXでも同じ様に、作成した原稿を相手の番号へ送信すると、サーバー内でFAX符号に変換され、相手の受信機に送られる仕組みとなっています。
一般のFAX機からの原稿をインターネットFAXで受信する場合、一般のFAX機から送られた原稿は、相手のFAX機が原稿を符号化してから送信し、送信されたFAX符号は、インターネットFAXのサーバーが受信した後にPDFなどの画像データへ変換して、パソコンやスマホに送られる仕組みとなっています。


一般のFAXとの違い

インターネットFAXを導入しようと考えた時に、一般のFAXとの違いは何なのか思いますよね。一般のFAXと比較して、何か不都合なことが起こらないか?問題ないかと考えてしまうかもしれません。 一番の違いは回線です。通常は電話回線を利用するのに対して、インターネットFAXはインターネット回線を利用して送受信を行います。FAX送受信に使用する端末も異なり、インターネットFAXではパソコンやスマホ、タブレットなどを主な端末として使用します。 その為、わざわざ紙に印刷して読み込ませなくとも、そのままパソコンやスマホで作成した原稿データを送受信することが出来ます。 紙を使用しない為、紙代、インク代などがかからず費用を抑えることが出来ますが、手書きした打合せ内容や、契約書へのサイン、押印した書類などを送るには一度スキャンする必要があるなど、一般のFAXに比べて使い勝手が異なってきます。
⇒一般のFAXとの違い

インターネットFAXの使い方

インターネットFAXは、メール、WEB管理画面、スマホアプリの3つの方法で送受信を行うことが出来るようになっています。メールを利用する場合、パソコンやスマホで作成したファイルをメールに添付して、送信先の番号を発行されたアドレスの先頭につけて送信すれば、FAXとして送信されます。 また送られてきたFAXは、メールにPDF等の形式のファイルとして添付されて受信します。WEB管理画面やアプリも同様に、原稿を選択して、相手先の番号を指定して送信し、受信したFAXは受信一覧に表示されて詳細を閲覧することが出来るようになっています。これら3つのツールは会社によって提供される内容が異なります。

おすすめのインターネットFAXサービス

インターネットFAXを提供している主な会社にはどの様なサービスがあるのでしょうか?おすすめのサービス4社をご紹介します。サービスを提供する会社によって月額費用や送受信料金が異なりますので、詳細をチェックしてみてください。

eFax
eFax(イーファックス)
eFax(イーファックス)は、世界46ヶ国で1200万人が利用している世界最大級のインターネットFAXサービスです。一番の特徴は30日間無料お試しがあることと、日本全国54の市外局番が利用可能な点です。
jFax(ジェーファックス)
jFax(ジェーファックス)
jFaxはわずか月額900円の料金で受信100ページ、送信50ページまで月額料金で利用することができるインターネットFAXサービスです。無料トライアル30日間、東京03の市外局番が利用できます。
Message+(メッセージプラス)
Message+(メッセージプラス)
メッセージプラスはパソコン、スマートフォン、タブレットからWEB管理画面で簡単にFAXを確認できるクラウド型のインターネットFAXサービスです。iPhone、iPad、Androidであればアプリをインストールして利用することも可能です。
movfax(モバックス)
MOVFAX(モバックス)
OVFAX(モバックス)は、クラウド型のインターネットFAXサービス。クラウドタイプなので、送受信したFAXを一元管理すのに向いています。プレミアムプランを選べばIDを5つまで発行可能で、各IDに権限の制限をつけたり、フォルダの振り分け機能など、クラウドで管理可能です。

インターネットFAXコンテンツ

各サービス比較