インターネットFAXについての仕組みを解説

パソコンやスマホからFAXできるインターネットを使った新しいFAXサービスです。

インターネットFAXとは

インターネットFAXとは、パソコン、スマートフォン、タブレットPCなどからFAXが出来るサービスです。FAX専用機は必要なく、パソコンで作成した文章などのデータをそのままメールやWEB管理画面から相手先のFAXへ送受信できるサービスです。

パソコンのメールへFAXしたいファイルを添付して特定のメールアドレスに送信先のFAX番号をつけて送信したり、提供されたWEB管理画面よりFAXが送信できる仕組みで、パソコン以外にもスマートフォン、タブレットPCなどからも送受信できるため、外出先などでも確認が取れます。

今までのFAXに必要な専用機も必要なく、紙やトナーも必要無く、また受信費用、送信費用なども通常のFAXに比べて格段に安く、経費削減することが出来ます。

受信したFAXはPDF、またはTIFF形式のデータで届く為、パソコン上でFAXを管理することが出来ます。

仕組みはどうなっているの?

一般のFAXは電話回線を利用しますが、インターネットFAXは、インターネット回線を利用してFAXを送受信します。
インターネットから一般のFAX機へ原稿を送る場合、一般のFAXでは、紙に書かれている文字を符号に変換して、相手のFAX機に送る仕組みですが、インターネットFAXでも同じ様に、作成した原稿を相手のFAX番号へ送信すると、インターネットFAXのサーバー内で符号に変換され、相手のFAX機に送られる仕組みとなっています。
一般のFAX機からの原稿をインターネットFAXで受信する場合、一般のFAX機から送られた原稿は、相手のFAX機が原稿を符号化してから送信し、送信されたFAX符号は、インターネットFAXのサーバーが受信した後に画像データへ変換して、パソコンやスマホに送られる仕組みとなっています。

主なインターネットFAXサービス

インターネットFAXコンテンツ