インターネットFAXの送受信方法(メール、ブラウザ、スマホ)

インターネットFAXの受信はどの様にすればいいのでしょうか。 インターネットFAXの受信は各社によって提供している方法がそれぞれ異なりますが、大きくメール、WEB管理画面、スマホアプリの3つの方法で受信することが出来るようになっています。サービスを検討中の方の為に実際の使い方などをそれぞれ解説致します。

インターネットFAXの受信方法

メールでFAX受信

PDFインターネットFAXの受信には、主に3つの方法があります。一つは設定したメールアドレスでFAXを受け取る方法で、送られたFAXは自動的にPDFなどのファイルに変換されて設定したメールアドレスに添付されて届きます。添付されたファイルを開けばFAXを確認することが出来ます。 メールで受信できるので、スマホにアドレスを設定しておけば、スマホのメーラーを使って外出先で見ることも出来ますし、そのまま転送することも可能です。


WEBブラウザ管理画面で受信

2つ目はインターネットFAXサービスで提供しているWEB管理画面で確認する方法で、FAXが届くとメールで知らせてくれるので、PCやスマホで管理画面を開いて受信したFAXを確認することが出来ます。WEBブラウザから管理画面にアクセス出来るので、メールでの受信同様にインターネット環境があれば外出先などどこにいても確認することが出来ます。 提供されるWEB管理画面ではある一定の期間、または、一定の容量まで保存してくれるので、保存期間中であればPC、スマホ、タブレットなど様々な端末で受信したFAXを確認することが出来ます。外出中にスマホで受信確認して、事務所に戻ってから対応するなども可能です。

スマホアプリで確認

また、インターネットFAX会社によっては、スマホアプリを提供している会社もあるので、スマホにインストールしておけば、アプリからの通知で受信を確認して、アプリを開いてFAXを確認することも出来ます。アプリもWEB管理画面と同様に受信したFAXの保管が可能です。

主要各社の受信方法

サービス名 メール 管理画面 アプリ
eFax ×
jFax ×
Message+
秒速FAX Plus ×
NTT BizFAX ×
KDDIペーパレスFAXサービス ×
D-FAX × ×
InterFAX ×
faximo
どこでもMyFAX ×


送信方法・送り方

インターネットFAXの送信方法、送り方は、受信同様メール、WEB管理画面、スマホアプリ3つの方法があります。各社毎にそれぞれ提供している送り方が異なります。メールで受信はできるが送信は出来ないなど仕様がそれぞれ異なります。

メールでのFAXの送り方

一つ目はメールで送信する方法で、パソコンで作成した原稿をメールに添付して、指定されたメールアドレスに送信する送り方です。契約時にFAX送信用のメールアドレスが付与されますので、そのアドレスに送信先のFAX番号をつけて送信すれば相手側へFAXが送られます。 添付して送る原稿は、Word、Excel、PDFなど様々なファイル形式を利用することが出来るので、いつも自分が使っているソフトで原稿を作成することが出来ます。

WEBブラウザ管理画面での送り方

WEB管理画面が提供されている場合は、管理画面を利用して送信することも出来ます。宛先を管理画面に登録しておくことが出来るので、番号を間違ってFAXすることもないですし、一度に複数の宛先に送る一斉送信なども可能です。 送信したFAXは、一定期間、または一定の容量まで保管しておけるので、FAXでやり取りした内容なども一定期間は確認することが出来ます。また、インターネット環境があれば外出先でも確認することが出来るので、外出中に送信したFAX内容についての問い合わせが顧客からあった場合でも、外出先でFAXを確認することが出来ます。

スマホアプリを利用

インターネットFAX会社によりますが、スマホアプリを提供している場合はアプリを利用してFAXを送信することも可能です。アプリを開いて登録されている宛先を指定して送信が出来ます。出張や外出していることが多い場合に、FAXの送信が必要な場合は非常に便利です。また、WEB管理画面と同様に送信したFAXの履歴が保管されます。

主要各社の送信方法

サービス名 メール 管理画面 アプリ
eFax ×
jFax ×
Message+ ×
秒速FAX Plus ×
NTT BizFAX × ×
KDDIペーパレスFAXサービス ×
D-FAX × × ×
InterFAX ×
faximo × △※iPhoneは送信不可
どこでもMyFAX × ×

インターネットFAXコンテンツ