一般のFAXとインターネットFAXとの違い

これまで一般のFAXを利用されていた方は、インターネットFAXを導入しようと考えた時にいったい違いは何なのか?と考えてしまうのではないでしょうか? インターネットFAXに変えることで、これまでと仕様が異なることで何か不都合なことが起こらないか?問題ないかと考えてしまうかもしれません。その違いについて解説致します。

電話回線とインターネット回線

インターネット一番の違いは回線の違いです。一般のFAXは電話回線を利用しますが、インターネットFAXは、インターネット回線を利用してFAXを送受信します。一般のFAXは、紙に書かれている文字を符号に変換して、電話回線を利用して相手のFAX機にFAXを送りますが、インターネットFAXでも同じ様に、作成した原稿をインターネットFAXのサーバー内で符号に変換して、インターネット回線を通して相手のFAX機に送ります。回線の種類が違いということだけで、どちらも原稿を符号に変換して送るという点で仕組みは同じになります。

専用機とPC、スマホなど端末の違い

パソコン一般のFAXは専用機や複合機など、一般回線を利用する為の端末が必要となりますが、インターネットFAXはパソコンやスマホ、タブレットなどのインターネットに接続して、メールの送受信やWEBブラウザなどの環境があればFAXできるという点が違います。 また、最近では複合機でもインターネット回線を使ってFAXできる機能を取り入れた機種も出てきています。

原稿データをそのままFAX送受信

PDF一般のFAXでは、紙の原稿を差し込んで端末に読み取らせてから相手先の番号に送信しますが、インターネットFAXの場合は、パソコンやスマホで作成したPDF、Word、Excelなどのデータを紙に印刷しなくてもそのままFAX送信できます。 これまでの一般のFAXは、原稿をFAX機に読み込ませてデータ化して送信、または受信したデータを紙に印刷して出力されるという仕組みでしたが、インターネットFAXは端末上でデジタルデータのまま送受信できる為、 インク代や紙、トナー代などがかからず、エコで費用的にも安く済ませることが出来ます。

費用の違い

料金インターネットFAXと一般のFAXでは初期費用や毎月かかってくる費用も異なってきます。インターネットFAXは選ぶ会社やプランによって費用が異なり、一般のFAXも選択するプランによって費用が異なってきます。一覧で確認頂ければと思います。

<初期費用>

インターネットFAX 0~1,000円程度
一般のFAX 2,800~36,800円

<月額費用>

インターネットFAX 1,000円前後~1,500円程度
FAX複合機 加入電話(住宅)1,700円、(事務所)2,500円
加入電話ライト(住宅)1,950円、(事務所)2,750円
INSネット64(住宅)2,780円、(事務所)3,530円
INSネット64ライト(住宅)3,030円、(事務所)3,780円

<FAX送受信費用>

インターネットFAX 受信費用:無料(プランによっては、一定枚数までは無料)
送信費用:7~15円程度/1枚
FAX複合機 受信費用:無料(FAX用紙、インク代が別途かかります)
送信費用:8.5円/3分(同一市内)、市外へのFAXは固定電話と同じ料金がかかります。

インターネットFAXの料金比較

インターネットFAXコンテンツ