インターネットFAX選びのポイント

インターネットFAXの選び方にはいくつかポイントがあります。利用するのにかかる費用は安い方がいいですが、費用だけでなく利用するうえで便利な機能や仕様など確認した方が良い選び方のポイントを紹介致します。

利用料金

料金インターネットFAXの利用料金には、大きく月額固定費用、送信費用、受信費用の3つがあります。月額固定費用は1000円前後の料金になっていることが多いですが、プラン別に月額固定費用が異なる会社もあります。 また、月の固定費用以外に受信費用、送信費用が利用した枚数に応じて課金されるシステムとなっています。受信費用は一般のFAX同様に無料となっていることが多いですが、会社によっては一定枚数までは無料、超過分は1枚10円程度の費用がかかる場合もあります。 送信費用は利用枚数に応じて従量課金される会社がほとんどで、1枚のFAX送信につき10~15円程の費用となっています。会社によっては、一定枚数までは送信費用無料としている会社もあり、月の利用枚数がその限度枚数までであれば、月額固定費用だけでまかなえてしまう場合もあります。 月額費用が安いかわりにFAXの送信費用が高かったりするケースもあり、FAX送信の利用頻度や利用目的に合わせてインターネットFAXサービスを選べば費用を安く抑えることが出来ます。
インターネットFAX一覧・比較

無料お試し、割引サービスなど

無料お試し期間を設けているインターネットFAXサービスがあります。実際に導入してみたものの、本当に使い易いのか、通常のFAXと比べて不便な点があるのではないかなど、不安に感じる方も多いのではないでしょうか? eFaxやjFaxなどでは30日間の無料お試し期間を設けているので、まずはお試し期間で使ってみるのも良いかと思います。また、年払いで月額費用が安くなるプランや、最初の30日間の費用割引などを行っている会社もあるので、チェックしてみてください。
30日間お試し、割引サービス

利用できるFAXツール

faxインターネットFAXは、メール、WEB管理画面、スマホアプリなどを利用してFAXの送受信を行います。使えるツールは各社によって異なり、会社の事情に合わせてどのツールが使えるのがもっとも都合が良いのかを検討してみてください。 例えば、複数人でFAXを利用するような場合は、クラウド型でWEB管理画面でFAXが一元管理できた方がいいですし、個人事業の様な一人で事業されているような場合であれば、メールでのFAX送受信で十分です。

選べるFAX番号

インターネットFAXを契約すると受信用のFAX番号が発行されます。発行される番号の市外局番は各社によって異なり、市外局番がIP電話の050になっている番号が多く使われていますが、会社によっては東京03や大阪06など一般回線と同じ市外局番が選べる会社もあります。 また、現在使っているFAX番号をそのままインターネットFAXの番号に出来る、ナンバーポータビリティが可能な会社や、 FAX番号に0120や0800などの通話料着信者払いのフリーダイヤルを使える会社もあります。 FAX番号を変えたくない様な場合や、フリーダイヤルを利用したい場合など、都合に合わせて検討してみて下さい。
インターネットFAXで選べる番号

ガイドコンテンツ

各サービス比較