インターネットFAXのセキュリティ対策

インターネットを利用したFAXなので、情報が漏洩してしまうのではなど心配される方も多いかもしれません。ではインターネットFAXのセキュリティはどの様に対策されているのでしょうか?インターネットFAXの暗号化対策や、誤送信を未然に防ぐ工夫など、セキュリティへの取り組みを解説致します。

受信ファイルへのパスワード設定

PDFインターネットFAXでの受信は、メールに添付されたPDFファイルを受信するか、管理画面にアクセスして取得するか2通りとなります。
管理画面へアクセスして取得する場合は、IDとパスワードを入力してログインする必要がある為、セキュリティが保たれます。
メール添付で受信するする場合は、内容の傍受や受け取った添付ファイルを誤転送してしまうなどのリスクがあります。その為、大半のインターネットFAXサービスでは、セキュリティの為に受信するPDFファイルにパスワードを付けて受信させる機能があり、このパスワード設定機能を使う事で、傍受やメールの誤転送などによりFAXファイルが外部へ流出してしまってもパスワードが分からなければファイルを開くことが出来ません。

FAXの誤送信防止

複合機によるFAX通信において、誤送信というトラブルが多く発生しています。大半のインターネットFAXサービスでは、誤送信のセキュリティ対策として、誤送信を未然に防ぐ為の為の工夫が施されています。管理画面からのFAX送信が可能なインターネットFAXサービスの場合、送信先の番号を管理画面に登録することが可能で、また送信前に確認画面にて送信先と送信内容を確認することが可能です。

通信のSSL暗号化

SSL暗号化インターネットFAXサービスの管理画面のセキュリティはSSL化されている為、受信したFAXのデータすべてが暗号化されており、情報漏えいのリスクは非常に低いと言えます。管理画面はSSLにより暗号化されていることで、外部から読み取りされることはありません。管理画面へのアクセスもIDとパスワードが必要となる為、ID、パスワードを盗まれない限りは外部へ漏洩することはなくセキュリティが保たれています。

インターネットFAXコンテンツ