システム連携が可能なインターネットFAXサービス

インターネットFAXサービスには、FAX送受信データをWEB APIでシステム連携し、独自のFAXシステム構築が可能な会社があります。送受信データの独自のシステムで動作させて管理したい会社向けのサービスとなっています。


APIシステム連携可能なサービス

秒速FAX Plus/秒速FAX送信

Toones

秒速FAX Plus/秒速FAX送信

秒速FAX Plusでは、最新50件の受信データをJSON形式のAPIで取得することが出来ます。受信日時、番号、枚数や、FAXデータはPDFで取得することが出来ます。また、秒速FAX送信では、最新50件の送信データをJSON形式のAPIで取得することが出来ます。送信日時、送信先番号、枚数、送信ステータスや、FAXデータはPDFで取得することが出来ます。WEB APIによるシステム連携で独自のシステムを開発したい方向けとなっているサービスです。


⇒秒速FAX Plus/秒速FAX送信の詳細はこちら


InterFAX(インターFAX)

InterFAX(インターFAX)

InterFAX(インターFAX)

InterFAXが提供するWebサービス(SOAP)を利用して、FAX送受信アプリケーションの構築を効率的におこなうことができます。Webサービスへは、 .NETやJava、C#、ASP、PHP、Perl等の開発環境で利用できる業界標準SOAPインタフェイスでアクセスできます。システム連携により開発した業務アプリケーションからFAX送信をおこない、送信後のステータス確認もリアルタイムに取得し、自動的に再送信したり、クエリ機能で送信結果を集計することができます。また、開発用にプログラムコードのサンプルなども配布している為、開発もスムーズに行えます。


⇒InterFAX(インターFAX)の詳細はこちら



Googleドライブとのデータ連携可能なサービス

KDDIペーパレスFAXサービス

KDDIペーパレスFAXサービス

KDDIペーパレスFAXサービス

受信したFAXデータを大容量のGoogle ドライブへ自動的に保存できます。また、Google ドライブへ保存した電子ファイルを簡単操作でFAX送信することも可能です。Googleアカウントを持っていれば、ペーパーレスFAXの管理画面から簡単に連携を行うことが出来ます。Googleドライブを受信FAXの保存先に指定し、また番号毎に振り分けなども行ってくれるので管理も簡単に行えます。


⇒KDDIペーパレスFAXサービスの詳細はこちら


インターネットFAX比較