MOVFAX(モバックス)の詳細

movfax(モバックス)

MOVFAX(モバックス)MOVFAX(モバックス)は、クラウド型のインターネットFAXサービスでPC、タブレット、スマホでFAXを送受信することが出来ます。クラウド型ということで基本はWEB管理画面での操作になりますが、メールでの受信や、PDFファイルを添付してFAX送信することも可能です。

モバックスには、スタンダードプランとプレミアムプランの2つがあり、月額費用に含まれるFAX受信数や送信費用など同じですが、プレミアムプランではIDを5つまで発行可能で、各IDに権限の制限をつけることができるようになっています。その他、「受信FAXの自動振り分け機能」、 「ユーザーごとに受信箱・送信箱を用意+閲覧権限が設定できるサブID機能」、 「受信FAXに対する処理・状態を設定、共有できるステータス機能」などが追加機能として使えるようになっています。クラウドタイプなのでWEB管理画面の保存機能が充実しており、過去4ヶ月分のFAX受信履歴・受信原稿をWEB画面より閲覧、ダウンロードすることができます。


公式サイト

ポイント1月額基本料金30日分割引

契約日から30日間の月額基本料金が割引になるサービスを実施しています。初期費用は1000円かかりますが、30日分の費用が割引になるので、初月にかかる費用を安く済ませることが出来ます。

ポイント2WEB管理画面の機能が充実

MOVFAX(モバックス)は、ブラウザによるWEB管理画面でFAXの送受信が管理できます。管理画面の機能が非常に充実しており、送受信したFAXを日付や社名、番号などで受検索することが可能で、受信FAX個別にメモを付けたり、未読、既読、処理済や未処理などのステータス機能などもある為、受信ファイル毎に細かく管理することが出来ます。また、マイフォルダの作成ができるので、個人や部署単位で受信FAXを管理できます。プレミアムプランであれば、フォルダへの自動振り分け機能や、発行したID毎に個別にフォルダの閲覧設定が出来るのでセキュリティ的にも安全です。

ポイント3FAXを4ヶ月間保存

ストレージ機能が充実しており、送受信したFAXは4ヶ月間保存が可能で閲覧することが出来ます。また同期間内であれば受信原稿をダウンロードすることも出来ます。

MOVFAX(モバックス)のサービス詳細

初期費用 スタンダード:1000円
プレミアム:1000円
月額費用 スタンダード:980円
プレミアム:3980円
(※月額基本料金30日分割引)
FAX送信料金 1送信2枚まで8円(税抜)
(※通信時間条件無し)
FAX受信料金 1ヵ月1000枚まで無料
1001枚以上:8円/枚(税抜)
利用開始 即日
海外へのFAX送信 ×
海外からのFAX受信
iphoneアプリ ×
androidアプリ ×
送信可能ファイル PDF、Microsoft Word、Excel、PowerPoint
※PDF推奨

選べる番号 IP電話(050)、東京(03)、大阪(06)、横浜(045)
※03、06、045、は有料(100円/月)

<メールFAX機能>

メールFAX受信
メールFAX送信

<FAX管理画面機能>

WEB管理画面
管理画面でのFAX受信
管理画面からFAX送信
保存容量・期間 過去4ヶ月分のFAX受信履歴・受信原稿をWEB画面より閲覧、ダウンロード、送信履歴を閲覧できます。

<FAX保存管理機能の管理画面イメージ>

MOVFAX(モバックス)クラウドタイプなのでWEB管理画面の保存機能が充実しており、過去4ヶ月分のFAX受信履歴の閲覧、受信原稿をWEB画面よりダウンロードすることができます。保管できる制限は期間のみで、件数制限などはありません。送信履歴も同じく過去4ヶ月間分を閲覧できますが、送信原稿のダウンロードは出来ません。


MOVFAXのポイント・評価

MOVFAXは、スタンダードとプレミアムの2つのプランから選べるインターネットFAXサービス。2つのプランにFAX料金の違いはないですが、プレミアムプランでは5つのIDが発行できる点や、ID毎に権限がつけられる点、その他WEB管理画面での振り分けなど高度な機能が使える点が異なります。受信は月1000件まで無料、送信費は1送信2ページまでで8円と安く、月のFAX受信が1000件までであれば、送信費用が他社よりも安い為、トータルの費用も安く抑えられるサービスです。スタンダードプランは費用面、機能面でも他社とあまり差異はないですが、プレミアムプランはID毎に権限を割り当てられる為、部署をまたいで利用するような場合に向いているサービスとなっています。全体の評価としては3.9となりました。

総合評価:3.9/5段階中

■受信費用:3.8点
スタンダードプランであれば、月額980円で受信1000件まで無料となっており、他社サービスと比べると受信件数に制限がある点で標準的な評価となりました。

■送信費用:4点
送信費用は1送信2枚まで8円(税抜)と他社と比べても安く、評価も4となりました。

■利便性:3.9点
取得可能なFAX番号は、IP電話の050以外にも有料(100円/月)で東京03、大阪06、横浜045が選択可能であり、また管理画面はフォルダ毎に振り分けが可能で、プレミアムプランを選択すれば、フォルダ毎、ID毎に権限がつけられる点など評価出来ますが、送信可能なファイルの種類が少ない点などはマイナスポイントで評価も3.9となりました。

■保管機能:4.7点
メール、WEB管理画面両方でのFAX送受信が可能です。WEB管理画面での保管は4ヶ月間で、件数制限はありません。同期間であれば受信原稿のダウンロードも可能で、高評価の4.8となりました。

■その他機能:3.2点
FAXの振り分け機能など、WEB管理画面の機能充実していますが、使えるのはプレミアムプランであったり、また、アプリなども使えない点で評価は3.2となりました。

公式サイト

契約・解約時の確認ポイント

050以外の市外局番は毎月100円の追加費用

050以外の市外局番を取得した場合は、毎月100円の追加費用が発生します。また、050の番号を選んだ場合、コンビニFAX(コピー複合機)の仕様により、コンビニからのFAXを受信できない場合があります。2018年4月時点でセブンイレブンからのFAXは受信可能です。

送信できないFAX番号

MOVAXの仕様上、020、090、080、070 から始まる11桁番号には送信できません。0から始まる10桁番号、050から始まる11桁番号には送信可能です。取引先のFAX番号などが上記に当てはまらないか確認しておく必要があります。

受信用番号と送信番号が異なる

MOVAXから発行されるFAX番号は受信専用の番号となっており、送信は送信専用の別の番号を使って送られます。

契約した月に解約はできない

契約した初月の解約はできません。申し込み月+翌月一ヶ月が最低利用期間となっています。ただし、契約日から30日間は割引期間となる為、翌月に解約したとしても30日間割引に該当する機関は値引きとなります。

解約する場合の通知日は当月15日まで

解約の通知は当月15日までに通知すれば、その月の末日をもって利用契約が終了となりますが、16日以降に解約の通知を受領した場合は、翌月末日での利用契約終了となるので注意が必要です。